理想の生活を実現する方法【やって見て・感じて・改善の繰り返し】

ブログ

First : 2020.6.12

理想の生活を実現させたい人「もう、こんな日常は嫌だ。毎日、思考停止で満員電車に乗って通勤の日々。仕事の前に消耗して、帰りも満員電車。何で、こんな奴隷のような日々を送らなければいけないの。いい加減、こんな日常とお別れしたいです。」

こんな風に思っていませんか?
上記は、19歳の時の僕の「声にならない声」です。

本記事の内容

  • 理想の生活を明確にする方法
  • 実現させるためのアクション

について、です。

理想の生活を実現するために

「まずは、理想の生活を明確にしましょう。」

と言うだけの、またか。と感じる・なんか良くあるアリキタリな内容ではなく、理想の生活を実現するための「泥臭いリアル」をお伝えしていきます。

内容の信頼性

この記事を書いている僕は、現在33歳。
22歳の時に、東京で男性のためのオイルマッサージのお店を開業して10年以上になります。

» 男性専門セラピスト:塚越拓郎のプロフィール

過去の事は隠しておきたいのですが

  • 生まれた時から父親が重度の精神疾患
  • 母親一人の収入で家族5人を支えてくれていました
  • 家族旅行すら行ったことの無い貧乏生活
  • 夕飯が、もやしサラダと納豆ご飯と言う日もありました

高校を卒業後

家にお金を入れなければいけない状況。周りは大学へ行く中、会社で働く日々。

このままでは、自分の人生が自由にならない事を悟り、19歳の時に漠然と「独立」を決意。

理想の生活を実現するために試行錯誤して来ました。

現在は、新しい挑戦もしつつ、それなりに幸せな日々を送っています。

お陰様で、満員電車を排除できる日常にもなりました。

この記事は

奴隷のような日常を打破したいと思い、もがき苦しんでいた19歳の時の僕に向けて書きます。

内容を「動画」で聴きたい人へ

上記をクリックしますと、動画が再生されます。
文字で内容を知りたい方は、下記へお進みください。

理想の生活を実現する方法【やって見て・感じて・改善の繰り返しです】

勿体ぶらず、結論から言っちゃいます。

理想の生活を実現するための「3ステップ」

  1. 理想の生活を明確にする(重要)
  2. 具体的なアクションを明確にする
  3. 行動のみ(やって見て・感じて・改善)

以上です。
さあ。上記の3つをやって見て下さい。

と、これで終わってしまったら他の「よくある記事」と一緒になってしまいますので、下記で詳しく解説してきます。

ちなみに、良くあるPDCAサイクル

  • P → Plan:計画
  • D → Do:実行
  • C → Check:評価
  • A → Action:改善

こういったアルファベットの用語とか、正直・どうでも良いです。

まずは、やって見て・感じて・改善して。

この繰り返しが、ベスト。

今までの価値観をぶっ壊して行きますね

過去の僕もそうでした。
今現在・このクソな日常から理想の生活を送れるようになりたい。

と言いながら、自分の「理想の生活」が分かっていませんでした。

19歳の時の僕は、理想の生活ってどんな状態?と質問しても、即答できませんでした。

まずは、理想の生活を明確にしましょう

まずは、理想の生活を明確にしましょう。
とお伝えしますと、またか。

「なんか、アリキタリな内容ですね。」と思われるかもしれません。
しかし、これが泥臭いリアルなんです。

例えば、車のナビ

  • 目的地 →「旅行」といれますか?

ちゃんと、愛知県に行きたかったら、「名古屋」と入れますよね。

目的地を入力するから、具体的な道順が出てきます。
自分の脳にもナビ機能が付いていますから、自分の頭に目的地を入力するために。

あなたにとっての理想の生活って、どんな状態ですか?

なんか良い感じに。と言うのは、ナビに「旅行」と入れるようなものです。

海賊王に俺はなる

漫画・ワンピースの主人公:ルフィーも「海賊王に俺はなる。」とガキの頃から、理想の生活を明確に出来ていたからこそ、海賊王になるためのストーリーが展開されていますよね?

ガキの頃からルフィーを知ってる人は

まさか当時は「最新刊のように」ハイパー強くなっているとは思いません。

真実の時間軸

時間は、過去から未来ではなく。
未来から過去に、流れています。

自分は「未来にこんな生活を送っているんだ。」

と今・決めない限り。未来から、今に現実は流れてきません。

何でも望みが叶う世界だとしたら、何を選択しますか?

理想の生活と聞いて、ピンと来なければ
もし何でも望みが叶う世界だとしたら、あなたは何を叶えたいですか?

自分の内側を見える化するために

ノートや、PC or スマホのメモに書いて見て下さい。

具体例:世界(地球)

  • 水道の蛇口をひねれば出るが如く、お金は無限に得られる
  • 誰もが毎日が夏休みのように好きなことを追求できている

何でも望みが叶う世界だとしたら、僕は上記の世界を選択します。

僕の生きている間に、上記が実現できる社会、もしくは自分と周りの人は、上記を実現している世界を作りたいと、本気で思っています。

そうです

今の段階では:ガキの頃のルフィーが「海賊王に俺はなる。」と言っているのと同じ状態です。

仕事は、どうですか?

いきなり、世界を考えると現実味がなかったですね。
すいません。

今度は、現実的に自分の「理想の仕事の仕方」を考えて見て下さい。

質問:理想のワークスタイルは何ですか?

具体例

  • 週3日:1日3時間・働けばOKな日常
  • PCとスマホ、Wi-Fiさえあれば、何処にいても仕事が出来る生活

僕は、今現在・未来に上記のようになっていたいと考え行動しています。

まだ実現できていませんが、未来にこうなっていると決めました。

今までの普通の人の価値観ですと「週に3日、1日3時間・働けば良い?ふざけんな。」と言う感じですが、世の中には1ヶ月に1日働けば、生きていける人もいます。

目指さない限り、そこへは行けませんよね?

と言う事で

あなたは、どんな仕事のスタイルを望みますか。

住む場所は、どうですか?

今度は、住む場所の理想はありますか?

  • 東京 or 地方
  • 日本 or 海外
  • マンション or 一軒家
  • 賃貸 or 持ち家 or ホテル

具体的に、こんな場所に住みたい。

いや

定住せずに、世界中の海の見えるホテルを転々としながら生きて行きたい。など、理想の住む場所はありますか?

何でも叶えられる世界だとしたら、何でもアリですので遠慮せずに、好きなように書いて見て下さい。

誰も見ていないので、本音をメモに書きなぐって下さい。

さらに、深く掘り下げていきます

今度は

何でも叶うとしたら、理想の人間関係はありますか?

  • パートナー
  • 友達・仲間
  • 結婚・未婚

など、関わりたい理想の人間関係はありますか?

他にも、理想の生活では、どんなファッションをしているの?持ち物は?

こんな感じで、こうなっちゃって、夜10時には寝て、朝6時に起きる生活がいいなあ。

など、もし何でも叶えられるとしたら、あなたの理想の生活の全体像を、自由に手が勝手に動くがごとく、ノートやPC・スマホのメモに、書きまくって下さい。

書き方も、自分がしっくり来る書き方でOK。自由です。どうせ、価値観は変わりますから、今この瞬間の自分の本音をどうぞ。

具体例:僕のメモ

僕のメモの項目

  • 世界
  • 仕事
  • 住む場所
  • ファッション
  • 持ち物
  • 健康&美容
  • 人間関係

上記の項目ごとに、箇条書きに「理想の生活(未来にこうなっている日常)」を書いています。

あなたの、理想の生活をメモって見て下さい。
自分の中から、本音を取り出すことが目的です。

上級編

さらに、それは「なぜ?なのか(理由)」も一緒に書いて見るとより良いです。

例えば:お金持ちになりたいと思っているとしたら「なぜ、お金持ちになりたいのか?」と言う理由も考えて見て下さい。そうすると、お金その物が欲しいのでは無く「自由が欲しかったんだ。」と気付く事が出来ます。

理想の生活を実現するために【具体的なアクションのフェーズです】

理想の生活を明確にした所で、続いては
具体的なアクションを明確にする段階です。

具体的なアクションを明確にする方法

未来から「逆算」して考える

以上です。

理想の生活を未来で送っているとしたら、今・何をやっているのが最適ですか?

まずは、仕事を最適化せよ

理想の生活をいきなり、全て実現するのは大変ですので、まずは1つ「仕事」にフォーカスすると良いかと思います。

僕の「具体例」

  • 週3日:1日3時間・働けばOKな日常
  • PCとスマホ、Wi-Fiさえあれば、何処にいても仕事が出来る生活

僕だったら上記を実現するために、具体的に何をすべきかを考えていきます。

あとは、行動のみ

理想の生活を実現するための「3ステップ」

  1. 理想の生活を明確にする(重要)
  2. 具体的なアクションを明確にする
  3. 行動のみ(やって見て・感じて・改善)

あとは、行動のみです。

目的地へ辿り着くために

  • やって見て
  • 感じて見て
  • 改善する

上記の繰り返しです。

PDCAサイクルの落とし穴

  • P → Plan:計画
  • D → Do:実行
  • C → Check:評価
  • A → Action:改善

よくある、上記のPDCAサイクル。
初心者には、落とし穴があります。

落とし穴は、「P:計画」です。

まだ

その目標に辿り着いたことが無い人が、いきなり計画したとしても、最初から最適な計画を作れる訳がありません。

ですので、最初は何が分からないのかも分からないので、まずはやって見る。

そして、感じて見て、改善する。

この「やって見て・感じて・改善する」の経験を経てから、具体的に、何をどの順番でどのようにして行こう。と計画したほうが良いです。

しかし、またその計画も、改善していく事になります。

この繰り返しです。
魔法は、無いです。

泥臭い、1つ1つの行動を繰り返しながら、目的地を目指し1歩1歩・進んでいきます。他の人と比較する必要は無く、1mmでも昨日の自分より進んでいればOK。

山登りと一緒です

理想の生活を実現するには、山登りを考えると分かりやすいかと思います。

ゴールは、頂上へ行くこと。
頂上へ行くための道は、自由です。

スタートから

一直線に頂上へ向かっても良いですし、ジグザグに登ってもOK。グルグル、螺旋状に登って行くのもアリです。

しかし、登りながら、目の前に大きな岩が出現したり、川を渡らなければ行けなくなるかもしれません。

大きな岩が出現したら

爆薬でぶっ壊す技術が必要になるかもしれませんし、引き返して別の道を探すのもOK。

と言うように、やって見て・感じて見なければ、改善のしようが無いですよね?

一度、頂上に登った事のある人

であれば、ここに落とし穴があってココの道は滑りやすくて。と言う事が分かりますが、頂上へ行った事がない初心者であれば、まずは進んで見ることが近道です。

そして、ゴールを目指し・やって見て・感じて・改善していけばOK。

さらには、経験しながらゴール自体が変わる可能性もあります。
1度決めたゴールを、ずっと目指す必要はありません。

» この記事の「投げ銭」は、こちら

最後に:お勉強ではなく、形にしよう

理想の生活を実現するための「3ステップ」

  1. 理想の生活を明確にする(重要)
  2. 具体的なアクションを明確にする
  3. 行動のみ(やって見て・感じて・改善)

と言う、内容でした。
多くの人が、やり方ばかりを外に求めようとします。

本、教科書、マニュアルをお勉強。
そして、それ通りに実行しようとします。

しかし

人それぞれ価値観や目指す場所も違いますので、自分にとっては、その本・教科書やマニュアルが間違っているかもしれません。

ですので、理想の生活を実現するために、お勉強ではなく形にしていきましょう。

もう、こう言った情報を外部に探す必要はありません。
自分で、この記事を書いていてウンザリしています。

あなたは、どのように理想の生活を形にしていきますか?

» ホームページが、欲しい方へ