【ノンケ食い】結婚を考えている「警◯官」と◯◯した話【昔話です】

ゲイ・ホモ・男好き

こんにちは。
男好きのツカゴシです。

» この記事を書いている男:塚越のプロフィール

東京で、男性のためのアロマオイルマッサージサロンを10年以上やっています。

» MEN’S HAND(メンズハンド)公式HP

今回の内容

僕が25歳の時に「結婚を考えている警◯官と、仲良くなった話」です。

プライベートでの、昔話しです

タイトルが「ノンケ食い」と

ちょっと清潔感の無い、感じになってしまいましたが。

ゲイの内容が含まれますので、不快な方はページを閉じてください🙏

ノンケに、夜の格闘技で寝技をかけてもらった内容が知りたい方は、最後まで見なきゃ損です。

【ノンケ食い】結婚を考えている「警◯官」と◯◯した話【自慢です】

今回の話は

なんか、人によって「自慢」みたいに聞こえてしまいそうですが。

僕にとってもは、過去の昔話しですし

なかなか、こう言った男ともデュエルできる警〇官の話は。
日常で、聞けない内容になっています。

ただの、自慢話ダケでは無く。今後ノンケと仲良くなった際に、お役に立つかと思います。

結婚を考えている警〇官と、仲良くなった話

僕のお店に来て下さり。

たまたま、知り合った男性との話なんですが。

僕が25歳の時の昔話し、だいたい8年前くらいの話です。

警〇官と、仲良くなった話。
あの時は、夢のようでした。

仕事で、タマタマ知り合ったんですが

その警〇官の男性は、当時3つ年上だったと思いますので。

出会った時は、僕が25歳くらい

その警〇官の男性を仮に、「Kさん」とします。

警〇官、警〇官、と面倒なので
ここから「Kさん」としますね。

Kさんは、28歳でした。

僕の事を気に入って下さり

ありがたい事に、プライベートでも仲良くさせて頂きました。

警〇官だからと言う訳では無いのですが、本人の性格が「男気」があって。

ドライブに連れて行ってくれたり、結構お互いに住んでいる家が離れているのに、わざわざ車で迎えに来てくれたり。

一緒に、海へ行ったり。
家に、泊りに行ったり。

めちゃくちゃ楽しかったです。

色々話しを聞くと、そのKさんは

結婚を考えているみたいで、女性との出会いに真剣で。

僕と、仲良くしてくれながらも

女性とも、よくデートをしたりしているみたいで。

ある時、面白い事を言っていたんですよ。

その面白い「発言」とは、何だと思います?

面白い発言は、、、。

僕と、夜のデュエルをする時は、バナナが元気なのに🍌
この前、付き合っている女性と、夜のコミュニケーションをした時に。

なんか、バナナが元気にならなくて。。。

と言っていたんですよ。
ウケますよね。

僕との試合は、バナナが元気で

女性とのデュエルは、元気にならなくて。
だそうです。

僕としては、「御光栄な、お言葉をあざマっス。」と、言う感じですけど。

結婚を考えているのに、大丈夫ですか?
と、僕のほうが心配になりました。

ザ・男社会:結婚して男は一人前の世界

よくよく色々、聞いて見ると

8年前の世の中ですし
警〇官と言う、男社会では

やっぱり、男は結婚して1人前的な、雰囲気があって。

その警〇官の男性も、28歳。
結婚を焦っていたみたいです。

ヤバイと思ったのか

本人も、男とのデュエルでは元気で。

女性との夜のコミュニケーションでバナナが元気にならないことは、ヤバイと思ったのか。

最終的には

僕のもとを、去っていきましたけどね。

今まで自慢しやがって。
ざまあ見やがれ。と思った「性格の悪い」少数の方へ。笑

相手の幸せを考えたら。
僕も、僕のもとを去って良かったと思っています。

でも、また2〜3年か経って

また僕の目の前に現れて、自分が男が好きなのか。
でも、女性とも結婚しないとイケナイのか。

的な事で、悩んでいるみたいでしたけど。

そして、また僕のもとを去っていって、今は連絡をとり合っていないので。

現在は

そのKさんは、ご家庭を持って幸せになっていると思います。

【ノンケ食い】結婚を考えている「警◯官」と◯◯した話【続き】

この話の否定的な、女性よりの意見として。

僕が悪魔のささやきで誘惑して、その警〇官を「男好きに」させてしまったのでは。

と思う少数の人が、いるかもしれませんけど。

そんな特殊能力、僕は持っていません

漫画:ハンターハンターの世界のように

念能力、女好きの男を僕の虜にする「悪魔のキス」発動。
とか、使えたら良いですけどね。

元々、素質がなければ、男好きになれなく無いですか。

だって、なろうと思って、男好きになれます?
なれ無いですよね。

話を戻しまして、僕の今までの実体験から

本当は、男好きだけど

世間体を気にして、結婚をしないとイケナイ。とご本人が囚われていて。

自分が男を好きなことを、自分で自分を認められない人もいますし。

本当に、男も女も同じくらい好きな、バイの男もいますし。

女好きだけど

今まで女性と、いっぱいデュエルをして来て。

そんな中で、男と初めてデュエルして見て、刺激が強くて

一時的に、ジェットコースター的な感じで
アトラクションを楽しみたいダケの男もいますので。

男は、気持ち良い事が大好きなのかもしれませんね。

今までの話で、違和感がある方へ

それに気付けた方は、とても「精神レベルの高い方」だと思います。

今回の内容で、そのKさんは。

ちょっとディスりますけど

結局、自分の事しか考えていない訳ですよ。

自分の事しか考えていない「男」

話を振り返りますと

  1. 僕と、仲良くしながら
  2. 結婚したくて、女性ともデート
  3. 僕とは、バナナ元気
  4. 女性とは、バナナ弱
  5. 結婚するなら → ヤバイ
  6. 僕との関係をフェードアウト
  7. 数年後、また僕の目の前に出現
  8. 僕と、夜の熱き「デュエル」を
  9. やっぱり結婚のために、僕から去る

と言うように、「自分が結婚をしたい。」と言う
自分の気持ちしか考えていなくて。

自分勝手な訳です。

僕も別に

今回の話のKさんと、付き合いたい。
と、思っていた訳ではありませんが。

Kさんの「0 or 100思考」が無ければ

僕と普通に、絶妙な距離感で、友達として関係性を続ける事も出来た訳ですし。

僕の気持ちや、女性の気持ちは1mmも考えていない。
とても、鼻高々な思考をしていました。

話を聞く限りは

愛している女性と結婚をしたい。と言うよりは。

社会的な圧力で、結婚をしなきゃ

と言う、周りからの「自分への評価」を気にしている風にしか見えませんでした。

何か、最後のほうは
Kさんをディスってしまいましたけど。

今としては、アンナ事やコンナ事を出来たダケでも幸せだったので。良いんですけどね😏

もし、これを見ているゲイの方で

今後ノンケと、仲良くなる機会があったら。

今回の話は、何かヒントになるのでは。と思いまして。過去の僕に、伝えるような気持ちでお届けさせて頂きました。

僕にとっては、遠い過去の

昔話しなので、これを書きながら「他の人のエピソード」として話しているかのような、客観的な認識の自分にウケました。

最後に:さらに掘り下げると

今回の警〇官のKさんは、完全ノンケと言うより。

バイ、もしくは
女好きだけど、夜の格闘技は「男」が好きなノンケです。

では、プライベートの昔話しでした。ゲイとノンケの間の、グレーゾーンは果てしないですね。だから、僕のような男好きはチャンスです。

END