ホームページを個人で作りたい人へ【失敗しないために知るべき5つ】

ホームページ制作

first:2020.5.15

個人でホームページを作りたい人「集客したい。自分の仕事を繁盛させたい。他の人には言えないけど、正直これからもやっていけるのか不安です。ずっと収入を得たいのでHPを作りたいです。」

けど、、、。ホームページを作ったことがないので、何が分からないのかも分からないです。ああ、誰か教えてくれませんかね。

こう言った疑問に、お答えします。

目次

  1. 失敗したくない「初心者」が知るべき情報
  2. ホームページの必要性について
  3. 個人でホームページを作る方法(無料あり)
  4. どのくらいの費用がかかるの?
  5. 作るのに「無料 or 自分 or 業者」のどれ?

上記に1つでも、疑問があるなら
失敗しないために、最後までチェックすべきです。

内容の信憑性

この記事は、日本各地から男性がご来店するアロマオイルマッサージサロンを開業10年。

自分でWebページを、10年前から作り続けて「ホームページから1200名以上」ご予約をいただいて来た実践者である僕がお届けします。

今までの実体験から、ホームページを作りたい超・初心者のために詳しくお届けしていきます。

こんなサポートもしています

» ホームページを作りたい人のための【HP制作サポート】

ホームページを個人で作りたい人へ【失敗しないために知るべき5つ】

ホームページを作るのに

  • 無料:ネット上 → 無料で作る
  • 自分:勉強して → 0から作る
  • 依頼:専門業者 → 作ってもらう

どれが良いの?
にお答えしますと、人それぞれです。

下記で、詳しく解説していきますね。

失敗したくない「初心者」が知るべき情報

ホームページを作るには

  • 無料
  • 自分
  • 依頼

があります。

  • 無料 → ネット上のサイトから自分で作る
  • 自分 → 自分で勉強して「ゼロから作る」
  • 依頼 → 専門業者に依頼して作ってもらう

上記の通りです。

失敗しないために、これだけは知っておいたほうが良い情報として

無料、自分、依頼するにしろ

ただホームページを作っただけでは、意味がありません。

ホームページを作る本質

  • 作る目的 = お申し込みしていただくこと

ホームページを作ることが目的ではなく、作った後に読者から「お申し込みしていただくこと」がゴールです。

作る本質

  • スタート → ホームページを作る
  • ゴール → お申し込みして頂くこと

です。

ただ綺麗なWebページを作っただけで満足して、何もしないで「せっかく作ったのに、全くお申し込みがないんです。」と困っている人が多いと知っていましたか?

HPの必要性について

必要性は、言うまでもないかと思います。

仕事によりますが、最終的にホームページからお申し込みしてもらい、売り上げになりますよね?

イチから作るのは大変ですが、一度作ってしまえば24時間365日働いてくれる優秀営業マンになってくれます。

IT時代では、名刺ではなく何者なのかが分かる「ホームページが必須」です。

自分のWebページがあることで、クライアントに安心信頼されます。
お客さんからしたら、ぼったくりバーのように料金表がなかったら不安じゃないですか?

» 【個人向け】ホームページを作るメリット&デメリット【メリット大】

個人でホームページを作る方法

無料〜有料まであります。
下記で、詳しく解説しています。

無料で作る方法2選

Wix

» Wix公式サイトはこちら

Jimdo

» Jimdo公式サイトはこちら

無料でホームページを作れるサービスは、上記の2つが有名です。

人それぞれ、仕事や性格によって

合う合わないがありますので、無料ですし使って見て判断するのがベストかと思います。

無料で作れるので素晴らしいですが、デザインが豊富、高機能でカスタマイズの自由度が高いぶん、初心者は挫折する人が多いのも事実です。

無料ネットショップならこれです

BASE

アパレルなどの商品を販売したい人は、こちらが凄いです。
なんと言っても、決算機能まで用意されています。

初期費用、月額料金もなし。
決算手数料のみですので、売り上げがなければ完全無料で作れます。

» BASE公式サイトはこちら

STORES

こちらも良いですが、この記事を書いている現在、1つだけ欠点があり売り上げの振り込みが「月末締めの翌月末払い」です。

僕も、作って見ました

» HOMUSAPO

決算を利用したくて作ったのですが、例えば「5月全ての売り上げ金が6月末に振り込まれる。」と言った形です。

デザインや使いやすさは素晴らしいのですが、決算が欠点でやめてしまいました。

BASEなら売り上げの振り込みは、振込申請から「10営業日」なのでスピーディーです。なるべく今月中の売り上げは、今月中に欲しいですよね?

» STORES公式サイトはこちら

自分でWebページを作る方法

自分で勉強して「ゼロから作る」には、ホームページ作成ソフトで作ったり専門的なことを勉強する必要があります。

サーバー契約、ドメイン契約、サイトとの紐付けなど、自分でやるので初心者は訳が分からなくなるかと思います。

「自分で勉強してゼロから作れるようになりたい。」と強い想いのある方でしたら、勉強して見るのもありです。

» ホームページビルダー

以前の僕は、上記のソフトで作っていました。

専門業者に依頼して作ってもらうには

依頼して作る

  • 企業の専門業者
  • 個人で作ってくれる人

有料で作ってもらうには、上記のどちらかに頼む形になります。

個人でホームページを作るには【どのくらいの費用がかかるの?】

業者に依頼

  • 初期費用 → 20~100万程度
  • 維持費 → 月:1〜3万程度

おおよそ、上記の通りです。

安価で作ってくれる所もありますが、だいたいはページ数、デザイン、機能に制限がある場合が多いです。

もし、依頼して作ってもらうなら、しっかりキャッシュフローの合う所にお願いするべきです。

売り上げが少ないのに、固定費だけかかり続けるのはキツイですよね?
かけた費用以上に、リターンがあるならOKです。

結局:作るのに無料、自分、依頼どれが良いの?

結論は、人それぞれです。

通帳残高が、ほとんど無ければ頑張って「無料で作る」のもアリです。

10年以上の経験から

  • 作る → プロ
  • 運用 → 自分

僕だったら、上記が良いと思います。

理由は、お申し込みして頂くことがゴールですので、ただ作っただけでは意味がありません。

お客さん、クライアントさん、読者さんに有益な情報を、自分自身で熱くエモーショナルに発信し続ける仕組みを作るべきです。

簡単にお伝えすると、ただ綺麗なホームページを作っただけでは集客できないので、作ったWebページにアクセスを集めるために、ページを増やしていく必要がありますよ。

と言うことです。

最後に:自分では分からないので、作ってもらえる人を探してる人へ

もし依頼して作ってもらうなら

  • スタート → ホームページを作る
  • ゴール → お申し込みして頂くこと

この本質を理解している人に、依頼したほうが失敗しません。

分かりやすくお伝えしますと、ただ作っただけじゃなくて「ページを育てないと集客できませんよ。」と真実を教えてくれる人に依頼すると良いです。

リアルをお伝えしてしまうと

  • 業者 → ホームページを作れば売り上げになる
  • 作った後 → お申し込みがなくても「関係なし」

ホームページ制作を仕事にする人や企業からすると、綺麗な見栄えの良いカッコ良いホームページさえ作ってしまえば仕事は終わりです。

僕らのような、個人事業主はお客さんをハッピーにして、ありがとうの対価として収入を生み出していくためにWebページを作りますよね?

ゴールは、お申し込みして頂くことです。

僕はただ綺麗なホームページではなく、お申し込みが入り続ける状態を目指しサポートしています。

» ホームページを作りたい人のための【HP制作サポート】