【個人向け】ホームページを作るメリット&デメリット【メリット大】

ホームページ制作

first:2020.5.6

ホームページを作りたい人「ホームページを作るメリット、デメリットについて知りたい。仕事を宣伝したい。お客さんを集めたい。ホームページから収入を生み出し続けたいです。」

本記事では、上記の人に向けまして

個人向けにホームページを作るメリット、デメリットについて記してあります。

こんにちは。
塚越です。

東京で男性のためのアロマオイルマッサージサロンを経営して10年になります。

今まで、自分でホームページを作り
日本各地の1200名以上の方からご予約をいただいて来ました。

そうのような経験から、この記事を書いています。

ホームページを作りたい人は、下記をクリック

個人向け:ホームページを作るメリット&デメリットについて

ホームページを作ると、圧倒的にメリット大です。

HPを作る7つのメリット

  1. お客さんへの安心信頼に繋がります
  2. 24時間365日お申し込みが入る仕組みを作れます
  3. 集客数アップやリピート率アップに繋がります
  4. 共感者と出会えます
  5. ファンになってもらえます
  6. テレビから出演の依頼が来ます
  7. 仕事を生み出し続けることが出来ます

メリットは、上記の通りです。

HPを作る7つのデメリット

  1. 多少のコストが持続的にかかります
  2. ある程度のスキルが必要になります
  3. 運用に手間がかかります
  4. 迷惑メールが来ます
  5. 迷惑電話が来ます
  6. 悪口を書かれる可能性があります
  7. 面倒な営業の電話が来ます

デメリットは、上記の通りです。
下記で詳しく解説していきます。

ホームページを作る7つのメリット

まずは、メリットからです。
圧倒的にメリットのほうが大きいので、今すぐ作ったほうが良いです。

1、お客さんへの安心信頼に繋がります

ホームページがあることで、お客さんに「ちゃんとしてそう。」と認識されて信頼に繋がります。

あなたも、何かを購入する時にホームページからお申し込みしていますよね?

2、24時間365日お申し込みが入る仕組みを作れます

作るのは大変ですが

一度、作ってしまえば24時間365日働き続けてくれる「優秀営業マン」になってくれます。

寝ていても、遊んでいても、ホームページからお問い合わせが入り続けます。
仕事を宣伝したいなら作らない手はなくないですか。

3、集客数アップやリピート率アップに繋がります

例えば、ホームページを作りたかったら「ホームページ 制作」と検索して、出て来たトップ10サイトを比較して、良さそうな所に注文しますよね?

それと一緒で

HPを作ることで集客数がアップします。

さらにサイトの情報がコンスタントに更新されていれば、一度見た人が何度もWebページに訪れてくれてリピート率アップにも繋がります。

お客さんを集めたいなら、必須ですよね。

4、共感者と出会えます

Webサイトに、自分の仕事のこだわりや熱意を発信することで、共感して下さった人からお申し込みが入ります。

よって、相性の良い人がお客さんになって下さいます。

共感者と出会えるので、ストレスフリーに仕事をすることが出来ます。

存在を知ってもらない事には、無いのと一緒ですから、どんどん自分を知って貰わないと損です。

5、ファンになってもらえます

あなたも、気に入ったホームページやブログをお気に入りに入れて、定期的にチェックしていませんか?

同じように、サイトの発信している情報を気に入ってもらえれば、何度もHPに訪れて下さり、さらにファンになってもらえます。

長期的に経営していくなら、ファンの存在はありがたいですよね。

6、テレビから出演の依頼が来ます

繁盛して来たり、独自性があれば目にとまりテレビなどのメディアから出演依頼が来たりします。

僕も出演した経験や、雑誌の取材を受けたことがあります。

軌道に乗ってくると、ホームページを見て依頼が来たりしますよ。

ただ、企画の段階で連絡が来て、会議をしてOKになれば出演と言う感じで圧倒的にテレビ都合な場合が多いです。費用対効果が少なければお断りするのも有りです。

7、仕事を生み出し続けることが出来ます

これが一番のメリットです。

と言いますのも、僕自身この記事を書いている2020年5月5日、コロちゃんの緊急事態宣言の延長で、アロママッサージサロンを臨時休業しています。

アロママッサージだけ

でしたら今後、飯を食っていくのは「ある程度の期間」難しいですが、自分のサイトから、他の仕事も提供することで収入の柱を増やすことが出来ています。

どんな仕事でも、最終的にはホームページからお申し込みして頂く場合が多いので、今後の人生で長期的に価値を生み出し続けるツールとなります。

8割型、オンラインのみで完結する仕事の時代になる前に今から準備をしておいたほうが「あの時、作っておいて本当に良かったなあ。」と、未来のあなたが微笑んでいます。

僕のリモートワーク

ホームページを作る7つのデメリット

脅かしたい訳ではなく、事前に知っておくと失敗しないで済みます。

僕自身は、多くの失敗をして来ました。
あなたには、失敗して頂きたく無いんです。

と言うことで、デメリットについてです。

1、多少のコストが持続的にかかります

業者に頼むと、維持コストが月2〜3万円以上の所もあります。

と言うようにサイトを作ると、毎月の維持費がかかります。
それを上回る、売り上げを見込めればOKです。

2、ある程度のスキルが必要になります

業者に代行してもらうなら「HP制作スキル」は必要ないです。

こんなデザインで、こんな写真を入れて、この文章をここに入れて欲しい。などのコミュニケーションスキルは必要になります。

自分でWebページを作る場合は、ある程度のHP作成スキルが必要になります。
どんな分野でも一緒です。

3、運用に手間がかかります

Webサイトをただ作っただけで「お申し込みが全く無いんです。」と困っている人が多いと知っていましたか?

上記は、種をまきましたが水は与えませんでした。

なので「花は咲きませんでした。」と言っているようなものです。

一度作ったサイトを、育て続けない限りお申し込みが入り続けると言う花は咲きません。

ですので、運用に手間がかかります。
ただ、手間をかけてあげれば結果は出ます。

4、迷惑メールが来ます

サイトに、メールアドレスを表示していると迷惑メールが来たりします。
これは、個人のメールアドレスでも一緒ですね。

見ずに削除しましょう。

5、迷惑電話が来ます

ほとんど無いですが、稀に非通知で電話が来たりすることがあります。

こちらも、スルーしておけば大丈夫です。
名前も名乗れない人は、お客さんではありません。

6、悪口を書かれる可能性があります

ネット上の悪口は、匿名なので無責任で信憑性のないものが多いですよね。

僕が25〜26歳くらいの時に、常連さんがネット上の掲示板か何かに僕の悪口を書かれているのを発見したので「批判しておきました。」と言って下さる人がいました。

感謝です。

しかし、僕自身そう言ったサイトを全く見ないので気にしていないです。

書かれたら、世の中に認知されて来た証拠です。
悪口を言う奴ではなく、目の前のお客さんを喜ばすことに集中しましょう。

なってない人間は、淘汰される運命ですので。

7、面倒な営業の電話が来ます

Webページを作ると

  • 面倒な営業の電話が多く来ます

こちらのことを全く理解せずに、リストの上から順番に電話かけてます。と言う感じの営業が来ます。

ほとんど、営業を受けている「こちら」に利益がある内容と言うよりも、営業をかけて来ている側に利益がある内容が多いです。

時間の無駄ですので「営業でしたら大丈夫です。」と、電話を切ったほうがベストかと思います。

最後に:ホームページを作る = 人生が変わる

個人向けにホームページを作るメリット、デメリットについてお伝えして来ました。

僕自身は、10年前にホームページを作ることで人生が変わりました。

全く実績のないゼロの状態から、日本各地や海外からご予約が入るようになり、仕事を通じて10代〜70代まで幅広い世代の方々と出会うことが出来ました。

何より多くの方に「塚越さんに出会えて良かったです。」と言って頂けたことが、一生ものの宝となっています。

ホームページを作ることで集客数アップ、リピート率アップ、売り上げアップは勿論ですが、自分の仕事によって目の前の人が喜んで下さった時の「嬉しさ」だったり、仕事の醍醐味も同時に味うことが出来ます。

それでは、以上です。ありがとうございました。

» ホームページを作りたい人のための【HP制作サポート】